新城・花の木公園  場所の地図

 新城市出沢(すざわ)地区に「花の木公園」があります。公園という名前がついていますが、公園ではなく旅館を含めた民間施設です。名前は、戦前、同地を公園にしようと開発していた前経営者が、金沢の兼六園からハナノキの苗を取り寄せて植えたことに由来するそうです。昭和41(1966)年5月、現在の花の木公園経営者がその名前を引き継ぎ、養殖の釣り堀を開業し、現在、旅館・食堂・釣り堀を営業しています。
 この花の木公園の中には、設楽が原の戦いの遺跡があり、戦いのモニュメントも園内にあります。そして、次の説明看板が建っています。

 瀧川助義・笠井肥後・相討ノ地
 橋詰さんばし跡
 天正3(1575)年5月21日、長篠設楽原合戦の武田方敗走のとき、武田家旗本笠井肥後守満秀は、主君に自分の乗馬を譲り、自らは我こそは勝頼と名乗って、瀧川郷の領主で織田方に属する瀧川源右衛門助義と組み討ち、差し違えて戦死したのがここ橋詰、猿橋の地である。
                         昭和62(1987)年7月9日 設楽原をまもる会

花の木公園の東側を流れる豊川 豊川にかかる長篠堰堤 花の木公園釣り堀
設楽原の戦いのモニュメントがある園内 「瀧川助義 笠井肥後相討地」の石標
「橋詰 さんばし跡」の石標近景 「橋詰 さんばし跡」の石標遠景
≪平成26(2014)年8月6日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成26年9月11日(木):第1243号】