設楽原古戦場  場所の地図

 設楽原古戦場の一角であった、伊那街道添いに、設楽原の戦いを代表する句標があります。
 天正3(1557)年4月5日、武田勝頼は1万5千の軍勢を率いて甲府を出立し、奥平貞昌が守る長篠城を包囲します。この武田軍に対峙するは、織田・徳川連合軍。連合軍は、3万8千の大軍で設楽原に進出し、馬防柵を構築します。これに対して武田軍は、長篠城の包囲に3千の兵を残し、寒狭川挟んでにらみあいます。5月21日、戦史を変える設楽原の戦いが繰り広げられます。
 設楽原決戦から15年前の永禄3(1560)年、当時26歳であった織田信長は、桶狭間で今川義元を倒します。わずか2千の織田軍が、2万5千の今川軍に勝利します。その時の義元と同じ41歳になった信長は、設楽原では逆の立場で武田軍に対します。味方は大軍の3万5千、相手の武田軍は1万2千。武田勝頼は29歳です。桶狭間の迅速・果敢な攻撃から一転して、馬防柵と火縄銃による「待ちの戦い」をとります。「守りながら攻める」鉄炮の特徴をねらったのです。戦国の流れは、信長の時代へと大きく動きだします。

句標のある遠景 設楽原古戦場いろはかるた
≪平成27(2015)年7月17日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成27年7月22日(水):第1557号】